調理器具の特徴とお手入れの仕方について

調理の際に使う小物のお手入れ法について

調理小物の汚れを落とすコツ

それぞれの器具にあったお手入れのちょっとしたコツを覚えておくことで、きれいな状態を保ちながら長く使い続けることができますので、ここではそのポイントについて紹介していきたいと思います。
「おろし金」や「ざる」にはどうしても食材のカスが残ってしまうものです。
使ったあとで水で洗い流すだけでは細かい刃や目に詰まったものまで落としきることはできませんので、定期的に歯ブラシを使って詰まってしまったものを除去しておくといいでしょう。
また「すり鉢」を使用したあとに細かい粉末状のゴマなどが残ってしまうことがあると思いますが、そのような時は「すり鉢」に水をはっておくだけで汚れが浮き上がってくるといいますので簡単に洗い流すことができるのです。

清潔に長く使うためのお手入れ方法とは

熱にも強いため調理に使える他、蓋つきの保存容器としても食器代わりにテーブルに並べることもできると人気のホーロー製の調理器具は、豊富なカラーバリエーションが魅力となっていますので自分の好きな色のものを選ぶと気分が上がるかもしれません。
ホーロー製の調理器具は汚れや傷・においなどが付きにくく、お手入れが比較的簡単だという点も人気の秘訣となっているようです。
しかしいくら傷がつきにくいとはいえ、たわしのような固いもので擦ることは厳禁とされていて使い終わった後は中性洗剤をつけた柔らかいスポンジでやさしく汚れを落とすようにするといいでしょう。
もしも焦げ付かせてしまったという場合には重曹入りのお湯を弱火で煮たて、冷めるまでそのまま置いておくと焦げ付きが少しずつ浮き上がってくるのでそれから洗うようにするといいようです。


TOPへ戻る