調理器具の特徴とお手入れの仕方について

素材別に異なる特性を知っておこう

鉄分を摂ることもできる鉄製の調理器具

昔ながらの鉄製の調理器具には鉄肌の表面から溶け出した吸収率の高い鉄イオンを体内に取り込むことができるという特に女性には嬉しい効果が得られるという特性があるようです。
お湯を沸かす鉄瓶であれば使い始める前に軽くゆすいでから2~3回お湯を沸かしてお湯が濁らなくなってから飲用を開始するということ、使用後は熱いうちに濡れた布巾で拭いて美しい光沢が出るようにするということ、お手入れの際には鉄瓶の内側には触らないようにすることなどを心がけておけば、鉄瓶は経年変化を楽しむことができる素敵な調理器具だと言えるでしょう。
また、どのような素材にも共通していえることなのですが「空焚き」や「急冷」をすることは破損の原因となってしまうので避けた方がいいようです。

弱い火加減で調理できる銅製の調理器具

金属の中で最も熱伝導率が高いという特性を持つ銅で作られた調理器具は弱い火加減でも均等に熱が伝わり、食材に均一に火を入れることができると重宝されています。
高温にしなくてもふっくらと均一に焼き上がるという特性を活かしてプロの職人たちが使う玉子焼き器が銅で作られているというのと同じ理由から、巷で流行っているさっくりふかふかのパンケーキも銅板を使って焼かれているものが多いようです。
家庭用の調理器具に銅製のものを加えるなら、やかんをおすすめします。
優れた熱伝導率のおかげでお湯も早く沸きますし、抗菌・除菌作用に加えて塩素を分解する作用もあることからお湯が美味しくなる効果も期待できるのです。
使い始める前にはまず中性洗剤をつけたスポンジでよく洗い、流通時の変色を防ぐために塗られているという外面の蝋を落としておくといいでしょう。


TOPへ戻る