調理器具の特徴とお手入れの仕方について

調理器具を選ぶ時のポイント

食材を切る時に欠かせないまな板について

「まな板」を選ぶ際のポイントは「素材」と「サイズ」だといいます。
一般的に「まな板」の素材にはプラスチック・木・ゴムの3種類が用いられているようですが、お手入れが簡単なことから初心者さんにおすすめしたいのは「プラスチック製まな板」です。
プラスチック製であれば漂白もできますし価格もお手頃なので、数枚購入しておいて食材によって使い分けるという使い方もいいでしょう。
一方、木製のものは刃があたった時の感触が柔らかいといいますが漂白剤が使用できないという難点があるといいますし、ゴム製のものは切りやすくて傷がつきにくい反面熱に弱いという難点があるようです。
サイズについては一般的なキッチンの広さを基準にして縦幅20センチ・横幅35センチ程度で厚みが2センチほどのものが使いやすいと言われています。

初めて買う場合におすすめしたい包丁とは

「包丁」は主にステンレス・セラミック・鋼という3種類の素材で作られているものですが、長く使いたいと思ったらお手入れもしやすいステンレス製の包丁にするといいでしょう。
ステンレスの包丁は錆びにくくて研げば切れ味が復活するといいますが、セラミック製の包丁は切れ味が持続するというメリットはあるものの研いで切れ味を復活させることが難しく、鋼製の包丁はこまめなメンテナンスが必要になるということであまりおすすめできないといいます。
また包丁には万能だと言われる「三徳包丁」と果物の皮をむく時に使う「ペティナイフ」、魚を捌くのに適した「出刃包丁」や柵の魚を切る時に使う「刺身包丁」など様々な形状のものがありますが、初めは刃渡り20センチ程度の「三徳包丁」を選んでおくといいでしょう。


TOPへ戻る